晴れ雨くもりまた晴れて


by eyesneverlie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

サンキャッチャー。

光りと色の境界

b0185308_21492590.jpg



昨年の秋頃からずっと気になっていたサンキャッチャー。
友人が引っ越しをするというので、引っ越し祝いにプレゼントをしたのをきっかけに
ますます欲しくなってしまったのだけれど、
せっかくなので、自分好みにパーツを組みたいなと思って思案することしばし。

2月に入ってからたまたまアクセサリーパーツのお店に寄れたのでパーツを選んで
自宅で早速組み上げてみました。



それがこちら。
b0185308_21564029.jpg


使用したのは、スワロフスキーのエレメント。
サンキャッチャーのトップである一番大きなパーツは
スワロフスキーストラスと呼ばれる、通常のガラスパーツよりも
更に輝くと言われているラインのもの。
色は透明のものや、淡いピンクやイエローなど数種類。

それからクリスチャン・ディオールとスワロフスキーの共同開発で生まれた
まさにオーロラのような輝きの加工のされた「Aurora Borealis(北極光)」
AB加工、オーロラ加工と呼ばれるタイプがあり、わたしが今回購入したものです。

大きさは30ミリのタイプ。
20ミリだと物足りなくて、40ミリだとちょっと大きいかなと思う感じ。

購入する前に、どんなパーツが良いかしらとあれこれ検索していて、
オーロラ加工のされたパーツは光が少なくてもよく輝く、とどこかで読んで、
我が家があまり日当りが良くない(東向きの窓はあるものの、しっかり陽が差すのは
朝〜11時頃まで。更に磨りガラスなので直射日光とは言い難い)ので、
じゃあ、オーロラ加工の方がいいかなあ、と思ったんですが、磨りガラス越しでは
サンキャッチャーらしい部屋の中に光が散らばるような状態にはならず(苦笑)。

b0185308_22271361.jpg


けど、クリスタルボールが太陽光に照らされ、たくさんの色を見せてくれるので
ふと目をやったときに見とれてしまうことも多いです。


b0185308_22484453.jpg


トップ以外のパーツもスワロフスキーエレメントで、
ツユ、シズク型の小さいもの、色はクリスタル(透明)とオーロラ加工の2種類。
それから自宅にあった球型のシトリンとルチルククォーツ、クリスタル。

全パーツをテグスで通して、好きな所でつぶし玉で固定するだけ。
結構あっという間に作れてしまったと思います。

パーツが物足りなくなったら、一度崩してまた追加してみようかなと思っています。
[PR]
by eyesneverlie | 2013-02-24 22:49 | 雑貨、文具