晴れ雨くもりまた晴れて


by eyesneverlie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おでかけ( 16 )

夜桜。

b0185308_22331265.jpg



昨晩、仕事後に家人と夜桜を眺めに千鳥ヶ淵と靖国神社に。

桜が咲き始めたな、と思ったら
なんだかあっという間に満開で。

帰り際、雨がぱらついて、
すわ、花散らしの雨?と思ったけど
ほんの少しの雨で一安心。

b0185308_22331361.jpg




今日は少し気温が低かったですが、良いお花見日和でしたね。

明日の日曜日は雨予報ですけど、
弱い雨でありますように。
もう少しだけ楽しませてくださいな。
[PR]
by eyesneverlie | 2013-03-23 12:26 | おでかけ

凍る。

b0185308_9172576.jpg




実家に帰省してきました。
自宅から電車で二時間もかからない距離なのに、ものすごく寒い。

近くの畑から飛んできたと思われる白菜もアスファルトの上で凍っていた。

More
[PR]
by eyesneverlie | 2013-02-17 09:13 | おでかけ
色とりどりに
b0185308_17455475.jpg
多角形の水槽には熱帯魚が




先ほどの記事の続きとなりますが。
メインの巨大金魚鉢「花魁」の反対側に、これまた大きな金魚鉢・・・
金魚鉢というにはいささか不思議な多角形のダイス型の水槽。
ここには金魚ではなく熱帯魚が華やかに泳ぎ回っていました。



b0185308_17513988.jpg




b0185308_1752330.jpg
立ったまま撮影すると反対側にいる方が写ってしまうので、
しゃがんで水槽を下から撮影したら、これまた南の海に潜ったような気分





また別のスペースには行灯のような水槽
b0185308_17553213.jpg




水槽の中心にライトを入れて、外側にレースをあしらう
ぼんやりとした行灯のような水槽はとても幻想的
b0185308_175630100.jpg




おしまいは屏風型の水槽
b0185308_1801167.jpg
金魚が屏風の中にいるだけでなく、投影される影絵が
四季の表情や朝晩の色合いをくるくると表現していました




とても美しいアートアクアリウム、来年もぜひやっていただきたいなと思いつつ。
会期は明後日12日の月曜日まで。

日本橋架橋100周年記念特別展アートアクアリウム
http://h-i-d.co.jp/art/
入場料等はこちらをご確認ください
http://h-i-d.co.jp/art/images/artaqua_schdule2.pdf
[PR]
by eyesneverlie | 2011-09-10 18:07 | おでかけ

アートアクアリウム。

「花魁」というタイトルの巨大金魚鉢
映画「さくらん」を思い出させるような
b0185308_1535033.jpg



先日、COREDO室町の中にある三井日本橋ホールにて開催されている
アートアクアリウム」を観てまいりました。


金魚好きにはたまらない、そして江戸の頃の夏の涼の過ごし方をテーマにした期間限定のアート水族館。

普段ならなかなか見ることの無い珍しい金魚、そして芸術的な水槽の数々。
平日の夜に行ったにも関わらず大盛況でした。


百聞は一見にしかず。
美しく夢のように幻想的な空間を切り取ってまいりました。



b0185308_15165520.jpg
入り口入ってすぐの水槽
屈折率の関係で、なんだかミニチュア水槽を撮影したような雰囲気



b0185308_1521379.jpg
土佐金の翻る尾の美しさ



b0185308_15225437.jpg
「花魁」を間近で
背景の提灯のようなライトはグラデーションに色が変化して行きます



b0185308_15251869.jpg
金魚鉢の下にドーナツ型の水槽



b0185308_1528067.jpg
色の移り変わりで一瞬一瞬表情は変化していく
一匹だけが彩色されたような



b0185308_15315133.jpg
「花魁」を下から覗き込む
金魚達がまるで中空を泳いでいるような、もしくは自分が水中にいるような気分








写真が多いので、続きはまたのちほど。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-09-10 15:34 | おでかけ

カヤバ珈琲。

谷中、カヤバ珈琲
b0185308_001472.jpg


週末、家人と谷中にある「カヤバ珈琲」に行ってきました。

カヤバ珈琲、大正5年築の軒を大きく前面に張り出した「出桁造(だしげたつくり)」の町家。
昭和13年に喫茶店となり、平成18年まで営業されていたものの、店主が亡くなり閉店。
ご遺族と有志の方での復活を計画するも、ご遺族も亡くなってしまう。
復活ままならないのかと思いきや、地元NPOやSCAI THE BATHHOUSEなどの協力で復活再生。
なかなかにドラマチックな復活ですね。

私は何度か横を通って、外観が気になっていつか行こうと思っていた程度だったので、
そのストーリーを聞いて(読んで)歴史とともに色々な人の思いの詰まったお店なのね、と
ちょっと、じんときてしまったり。


店内、レトロな雰囲気がとても可愛い
b0185308_0191147.jpg






そして天井、アクリルかな?透明な板が貼られモダンな雰囲気
b0185308_0201076.jpg




さて、本日のお目当ては、かき氷。
しかし丁度お昼時にお邪魔していたのでランチを注文。


私が注文したのはハヤシライス
b0185308_0212852.jpg

ハヤシライス、普段そうは食べないんですけどね、こちらのとても美味しかった!
くどくなく、ふんわり甘いというか。


家人が食べたのはタマゴトースト
b0185308_0242465.jpg

トーストの上にスクランブルエッグが。
ふんわり、そしてほんのり甘い、どことなく懐かしい味。


そしてランチセットで一緒に頼んだコーヒー
b0185308_0255456.jpg

ホットコーヒーが苦手な家人がおかわり(おかわりは1杯200円)をしたくらいの美味しさ!
穏やかな味わいというか、苦みや酸味のとんがった部分が無い、飲みやすいコーヒーでした。




さ、本命のかき氷。

家人が頼んだのは抹茶金時
b0185308_0291649.jpg

氷がうずたかく盛られております。
抹茶の色も濃く、あずきにバニラアイスがぽん、と。
お好みでどうぞ、と練乳もついてました(そして家人はそれをすっかり忘れていたけど、
練乳なくてもとても美味しかったですよ)。


私が頼んだのは谷中ジンジャー
b0185308_0342424.jpg

生姜好きの私としては頼まないではいられないものでした。
谷中生姜をシロップにしてそれをかけたもの。
もうね。

甘い物を食べているはずなのに喉が辛いの!

いやあ、びっくりしました(笑)。
けどね、ウィルキンソンのジンジャーエールが好きな人なら絶対に大好きですよこれ。
炭酸入ってないのに、あたかもジンジャーエールを飲んでいるかのような。
ちなみにこちら、かき氷ではなく、お湯割りだったり、炭酸割りで飲む事もできます。

このジンジャーシロップ、いいね、美味しいね!
売ってないのかな?売ってたら絶対に買うのに!と言っていたら。



レジにありました♪
200mlで600円、ドリンクであれば5杯分程度だそうで。
楽天でも販売されてました。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kayaba-coffee/



他のメニューもとても気になる物が多くて、お店のレトロな雰囲気とともに
リピート確実なお店でした。

かき氷の季節中にもう1回くらいは行きたいと思います♪
[PR]
by eyesneverlie | 2011-08-08 00:41 | おでかけ

一保堂さん。

一保堂さん、テイクアウト
b0185308_14204350.jpg



以前、友人から一保堂さんのほうじ茶と玄米茶をいただいて、とても美味しかったんですが、ちょっと前にどちらも飲み終わってしまい、そろそろ欲しいなと思っていたんですが、
先週末、所用で銀座に出掛けた際に一保堂丸の内店に寄ってまいりました。

丸の内店、新規オープン前に工事中の様子を見かけて出来上がりを楽しみにしていたのですが、なかなか寄れなかったので、
さあ、やっとお店に入れる、中の喫茶スペースでお茶が飲めるとウキウキ。


しかし、残念ながら行った時間が遅過ぎました、喫茶は18時半まで、お店自体は19時までとのことで、お茶だけ買って帰ろうかと。

そうしたら、店内にスタバの紙、プラカップに似たものが目につき、ポップを見たら、ほうじ茶とアイスグリーンティーのテイクアウトが。

もちろん注文いたしました。
蒸し暑い晩だったので、アイスグリーンティーを。
このグリーンティー、宇治清水という抹茶にグラニュー糖を加えたもの。
そのまま飲むとちょっと甘いかも?という時には抹茶を追加投入が可能。
とりあえず一口そのままで飲みましたが、甘いといってもベタつくのではなくすっきり甘い。
そしてものは試しと抹茶を追加してみたら。

ほんのりとした甘さ、かつ、抹茶の苦味がじわり、と。
これは美味しい…!

ひとしきり美味しいと言いながら、目的のほうじ茶と、玄米茶ではなく麦茶を買って帰りました。


閉店間際でしたが、店員さんがとても懇切丁寧で、次回こそゆっくりお茶を飲みに行こうと心に誓いました。


b0185308_14204457.jpg

帰宅してからこの日の感動を、と思い、プラカップのシールを剥がし、カタログ切り抜いたりしてトラベラーズノートに貼ってみました。
そして、テイクアウトのお茶の金額を失念しました。
400円以下だったのは間違いありません(^◇^;)

また行きます。


一保堂茶舗丸の内店
http://www.ippodo-tea.co.jp/marunouchi-tokyo/index.html
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-14 13:44 | おでかけ

不忍池でお茶。

5月中旬、不忍池。
b0185308_18324623.jpg



週末、良いお天気だったので散歩がてら上野の不忍池に行ってきました。
そこまで行くまでに既に1時間くらい歩いていた私と旦那。
ちょっと喉が渇いてきたねー、と言いつつ通りがかった「蓮見茶屋」さん。


名前の通り、不忍池の真横で蓮のシーズンには花を眺めながらお茶が出来るというお店。
ずっとあるのは知っていたものの、中々入る機会も無かったんですが、
冷抹茶と冷煎茶に心惹かれて入ってみました。

こちらのお店は上野の観光連盟が運営しているお店だそうで。
作りはとてもシンプルでしたが、池への張り出し台もあって、
これは蓮の綺麗なころはとても素敵だろうなー、と思います。


まだまだ蓮の季節は遠いですけど、池を渡る風がとても気持ちよく、
時折飛んで来る鴨やカモメや白鷺、ちゃぽんと跳ねる大きな鯉などをぼんやり眺めていました。


b0185308_1843681.jpg
こちらは私の注文した冷抹茶、小さな御菓子も付いておりました。


b0185308_18435887.jpg
こちらは旦那の注文した和菓子とのセット、冷煎茶。
煎茶はポットで提供で、お湯の継ぎ足しもしていただけました。


b0185308_1846763.jpg
和菓子はどら焼きで有名なうさぎやさん謹製の「牡丹」の練り切り。




店内ではビールや日本酒、ワイン、おつまみで心地よい暑さを楽しんでる方も。


今度は蓮の咲く頃に来てみようかと思います。





最後に、一昨年の不忍池の蓮を
b0185308_18523271.jpg

[PR]
by eyesneverlie | 2011-05-16 18:54 | おでかけ

千鳥ヶ淵の桜。

2011/04/07
千鳥ヶ淵公園、ボートを眺める
b0185308_1446911.jpg



4月も下旬に入って、やっと桜の写真をアップすることができました。
まずは上旬に見に行った千鳥ヶ淵公園。


b0185308_14463645.jpg



幹の途中から顔を出した桜
b0185308_14555363.jpg




この日、平日だしボートに乗れるかしら、と思ったものの侮るなかれ、
さすがの千鳥ヶ淵公園、ボートも桜並木も長蛇の列。

b0185308_14583160.jpg


4時前くらいから夕風が吹き始め、強風の為にボートは中止。
残念、と思いつつも夕映えの桜を見晴し台から眺めて満足して帰宅しました。

b0185308_1532120.jpg







地震から1ヶ月弱の頃。
まるで新年度のスタートを待ったかのような満開にざわついていた心に
淡いピンクのやわらかな空気がじわりと浸透したような日でした。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-04-25 15:05 | おでかけ

節電メトロ。

節電ダイヤ
b0185308_23243229.jpg

大手町駅にて



東日本大震災から三週間強。
地震発生時はちょうど仕事先の事務所にてMacとにらめっこ中でした。

ぐらりときた瞬間は
あ、地震かーなどと呑気にしていたけれど、長くぐらんぐらんと揺れるのを
これはさすがにまずいな、と荷物を持って事務所のあるビルを出ると
同じビルの中の人、周囲の会社や施設の人が不安げに集まってきていた。

周囲のビルは波打つように揺れ、かつて見た事無いような光景。


ごれは大事だな、と、そう思いながらもどこか冷静だったのは
曲がりなりにも消防団員だからだったろうか。



それから結局仕事にはならず、途中で帰宅することになり、
電車各線全てストップ、歩いて帰るつもりだったところに
家人がバイクで迎えにきてくれたので思ったよりも早く帰宅できました。
(まあ、歩いたところで1時間程度の場所だったのですけれども)

近くに住む妹や、実家に電話をしようにも携帯も繋がらず、
メールの送信だけは出来るので、いつ相手が読めるかはわからないものの送信だけしておいたり。


帰宅してからはテレビやラジオ、ツイッターなどで得るニュースや情報で
これは本当にただ事ではないんだ、と。
あまりにも衝撃的な続報に、ぞっとしながらも、身内の飲食店の手伝いをしながら過ごしていました。

あの日は夜中まで電車はほとんど動かず、徒歩で帰宅される人の列が深夜まで続いていて、
店の手伝いの傍ら、店の前に運転再開した路線を書き出した紙を貼り出してみたり。


千代田区や中央区は毎年「帰宅困難者訓練」という、まさしく今回の震災での都内の状況に適した訓練をされていたので、
多分、随分スムーズに対応が出来ていたんじゃないかなと思うんですが、どうだったんでしょうね。
そちら方面から歩いてきて、すれ違う徒歩の皆さんのほとんどが手に地図を持っていたり、
中には透明で厚手のファイルケースに入った地図を会社で配布されたという方もいらっしゃいましたね。


その後、原発の件から「節電」の為に輪番停電(計画停電)、そして「ヤシマ作戦」と呼ばれる個々人の節電などの呼びかけが広がり、

ああ、日本人て凄いな、と。

ここ最近の風潮で「無関心」や「個人主義」が現代の日本人だというような声も多かったけど、
全くそんなことなかったですよね。





さて、節電ということであの日以来、各線とも列車の本数を削減したりしてますね。
駅の照明も随分暗くなっていたのを見て、外出ついでにいくつかの駅を撮影してきました。


後楽園
b0185308_022594.jpg



御茶ノ水(だったかな・・・)
b0185308_031614.jpg



淡路町
b0185308_04198.jpg



大手町
b0185308_053224.jpg



銀座
b0185308_044946.jpg


b0185308_092917.jpg




東京
b0185308_072665.jpg


b0185308_037351.jpg




国会議事堂前
b0185308_0854100.jpg



霞ヶ関
b0185308_0353178.jpg



赤坂見附
b0185308_036189.jpg


b0185308_0101581.jpg





各駅、ホームの蛍光灯を一定間隔で抜いていました。
多少駅によって明るさに差はありましたが、ぎりぎりまで光を減らしてました。

東京駅や銀座駅では震災前は、壁に嵌め込まれたモニターで色々な広告が流れていましたが、
それも全てストップして、バックライトで照らしていた企業広告もライトオフ。




原発をはじめ、発電方法のあり方や今までの我々の電気の使い方、
今回の震災で失ったものはとても大きいけれども、それだからこそ
我々はこれまでを振り返り、さらにより良い未来を招かなければいけないと思います。


「あるから使う」から
「本当に必要なもの」を見つける目を養って行くことが大切なのかな、と。



それは単なる生活においてだけでなく
「生き方」「価値観」の変革も必要なのかもしれません。






この度の震災での犠牲者にご冥福を祈りつつ・・・。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-04-04 00:25 | おでかけ

伊勢神宮、内宮。

宇治橋前の鳥居

b0185308_4202960.jpg


アップするタイミングをうっかり逸していたのですが、昨年の10月に伊勢神宮に行って参りました。
偶然、友人が近くに住んでいることもあって、図々しくもお邪魔させていただきました!
(あの時はありがとうね〜!)

旅慣れない私なので、ほとんど無計画・・・。
目的は「伊勢神宮にお参り」&「友人たちに会う」というたった2点。
それなのに2泊3日とのんびりゆったりプラン。

日程は10月15日〜17日。


・・・図らずも神嘗祭まっただ中でした、あはは。



出発当日、天気は都内は朝から小雨。
天気予報で西日本方面は曇りと聞いていたので傘を持たずに出発。
意気込みが通じたのか、名古屋付近では晴天に。


そこから更に電車を乗り継いで友人の地元、そしてそこから車でお伊勢さんへ。


お伊勢さんと言えば赤福、大好物です

b0185308_4243853.jpg

ここで赤福を頂くのが実は夢でした(笑)。
美味しかったです!




「おかげ横丁」入り口に掲げられたのぼり。
b0185308_4254635.jpg




「おはらい町通り」を歩く初穂曳の担ぎ手さんたち
b0185308_4271492.jpg

夏に地元で御神輿の担ぎ手さんたちと会う機会が多かったので、
なんだか半纏に股引姿に親近感を覚えてみたり。




手水舎
b0185308_4334448.jpg




第一鳥居。当日朝の東京の雨なんて嘘のよう。
b0185308_435666.jpg





風日祈宮御
b0185308_4391021.jpg

ここを渡ろうと思ったところで、反対側から白装束の方々が。
渡女のおばあさまと神主さんたちのようでした。
翌日が祭祀だったのかな、リハーサルではないかしら、と。







なんとも厳かな気分を味わいながら、いざ内宮の正宮へ。






正宮

b0185308_513583.jpg

とても清々しく。
10月中旬にしては少し汗ばむくらいの日でしたが、
時折、山からふわりと降りてくる風がとても心地よい瞬間でした。
あれこれと、
今までのこと、これからのことをお祈りとともに報告して。
ほんの数分ですが、とても美しい時間でした。










さて、翌日は外宮にお参りしてきたのですが、それはまた後日。

さて、おまけ>>>
[PR]
by eyesneverlie | 2011-01-08 05:07 | おでかけ