晴れ雨くもりまた晴れて


by eyesneverlie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

またも金魚。

金魚の群れ
b0185308_1555472.jpg



久々に金魚屋さんへ行く。
さすがに夏本番間近だけあって・・・
金魚の種類が少ない感じだった・・・たぶん、頻繁に入出荷の繰り返しなんだろうな。
生け簀の方にはたくさん泳いではいましたけど、きっと1週間見ないでいると
がらっと種類が変わったりしているんでしょうね。
日本全国のどこかの観賞魚屋さんや、中には縁日でお会いしたりするかしらね。



流金
b0185308_15583049.jpg

やっぱり流金て気怠げ、そこが昼間の花魁みたいで





蘭鋳の当歳魚、だったかな
b0185308_15592182.jpg



以前、蘭鋳はあまり興味無いなあなんて書いてましたけど。
今回ものすごく可愛く見えました・・・(笑)。
不器用によちよちと泳ぐ様はユニークでとても可愛い。
上見で楽しむなら蘭鋳が一番可愛いな、きっと。
(蘭鋳は上見・・・上から姿を眺める、推奨の金魚です)
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-27 16:02 | 動物

つぼや。

壷最中
b0185308_994515.jpg



先々週、同じ町内会のおじいさんとお話する機会があったのだけれど。
自分の行っていた大学の先生とお知り合いだった・・・
その先生のゼミでは無かったんだけれど、授業でお世話になった事のある
先生だったので、世界って狭いなーとびっくりしたわけで。

しかし、卒業して10年以上経ってK先生とK先生のお名前を聞くとは思いませんでした。


で、そのお話をした時にですね、湯島の方に美味しい最中屋さんがあるんだよ、と。
甘いものに目の無い私なので、場所を詳しく聞いて、ネットで調べて、
いつか買いに行ってみよう、と思っていたらですね。


先週、「近くに行ったから〜」とお土産にいただいてしまいました!

茶色の皮の方が粒あん、白い皮の方がこしあん。
もちろん両方いただきましたが、私はこしあん派。
こしあん、滑らかしっとり、そしてずっしり、濃厚な羊羹かと思うくらい。
でも味わいはすっきりした甘さで非常に美味しゅうございました♪




壺屋総本店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13021645/
寛永年間創業。明治維新の頃一度廃業するものの、ひいきにしていた勝海舟の説得で
お店を再開したそうで。
いまでも勝海舟の書が店舗に残され、展示されているとか。

ここ最近、某ドラマの影響か小日向さん顔の勝先生が美味しそうに「つぼ最中」を
食べている映像が妄想されてなりません(笑)。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-27 09:36 | ごはん、お菓子

HERLITZ

万年筆と定規
b0185308_0525274.jpg



先週の梅雨とも思えぬ猛暑の日々とは打って変わって涼しかった日曜日。
近所の輸入文具雑貨のお店にふらりと立ち寄りました。



別に何かを買う予定ではなかったハズなんですが。



うっかり。


先日購入した万年筆の色違いを目にして・・・
購入してしまいました(笑)。
b0185308_056412.jpg


先日のピンクの万年筆は見本の現物を購入した為に
パッケージがありませんでしたので、パッケージごと写真を撮ってみました。
ヘルリッツのイメージカラーは赤なんですかね、ベースが赤で、
端に色見本のようなカラーバーがずらーっと。



そして、定規
b0185308_101240.jpg



定規、家にはステンレスのものも、プラスチックのもの、竹製のもあります。
15センチのもの、30センチのもの、50センチのものも。


けど、このフォルムと木製の軽さにときめいてしまって、ついでに購入(笑)。
長さも16センチと日本ではあまりお目にかからない長さで、面白かったし、
なにより数字を書いている方、表から裏にかけてなだらかにカーブしており、
ペンを沿わせて線を引いても滲まない。
これはいいわ!と。
自宅にある定規はどれも表側が斜めになっていて、紙との設置面に隙間が無いので
線を引く際はひっくり返して使っていたんですよね。
うんうん、これはいいわ。



どうも私はこのお店で目につく文具はヘルリッツ製のものが多いようです。
機能的でいながら、どこかユニークでね、ついつい。



万年筆、ピンクには紫のインクを、ターコイズには水色のインクを入れてみました。
気分によって使い分けようかと思います。

b0185308_1334193.jpg





・・・もう1色のブルーを買って青いインク入れたりしませんように(苦笑)。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-27 01:29 | 雑貨、文具

万年筆。

HERLITZ Tornado Classic M
b0185308_1162352.jpg



万年筆、中学か高校時代に一度、プラスチック製の
スケルトンのものを買ったことがあります。
確か、当時で1,500円くらいだったのかな?
どこのメーカーさんだったかうろ覚えなのですが、
文房具屋さんで見つけて思わず買ってしまったのですが。

まあ、これがよく紙にひっかかる。
今から思うと、多分、細字タイプのもので、それなのに藁半紙のプリントに書いたり、
けして滑りの良い紙に書いていたわけではないので、そうなったんだとは思うんですが、
どうにも書きにくくなり、そのままどこかにしまい込んで・・・
すっかり忘れておりましたが。



トラベラーズノートを買う前後で、やはり友人が「こんな万年筆を買った」とか
「お気に入りの万年筆がある」と聞いて、紹介されてはときめいていたんですが、
自分の手に馴染むもの、デザインが気に入る物を・・・と思い、あれこれ悩んでいたところ。



先月末、どうしてもお礼状を差し上げなければならない事があり、
それならいっそ、万年筆で、と。


そして早速、近所の輸入文房具、雑貨のお店へ。
いえね、とっても欲しいなあと思うものはあるけれど、ほいっと買える金額ではなく、
どうしようかなと思ったところ思いついたのが、
海外の子供向け書き方万年筆の存在。

中高生の頃の万年筆の書き味はあまり良いものでなかったし、久々に使うしと
お試し的に始めるにはちょうど良いのかなと。



そしてお店で見つけたのがドイツの文具メーカー・ヘルリッツの万年筆でした。



b0185308_1315095.jpg
これはまだインクを入れてない状態
下は「日本橋榛原」さんのオリジナル絵はがき




お色はピンクをチョイス・・・と言いますか、
実はお店の人に若干無理を言って購入したもの(苦笑)。
お色はブルーとターコイズの2色がパッケージに入って陳列されており、
ピンクはむき出しでお試し用のものがあるだけ。
お試し用と言いつつ、もうインクは入っておらず、試し書きはされてない感じ。

新品の方がいいよなあ、と思うものの、どうしてもこのピンクが欲しくて。


そちらを売っていただきました、店員さんありがとう。
申し訳ないので、と言いながら丁寧に丁寧にペンを磨いてくれました。
そしてインクもオマケしてくれました、逆に申し訳ない(^^;)



帰宅して試し書き・・・
これがまた書きやすい・・・!
さすが書き方万年筆!



自作の俳句で試し書き
b0185308_1374439.jpg



お礼状も無事に書き上げ、その勢いで友人にも手紙を書き、
その後、トラベラーズノートと一緒に持ち歩き、手帳やメモも書き、
新しく作成した住所録もこの万年筆で書きまして、


3週間ほどでインクを一本使い切りました。
とても良い相棒となってくれました。



万年筆を使いたいが為に友人に手紙やハガキを書いたりと、
ある意味、手段が目的化した日々となっています(笑)。


ヘルリッツ
http://www.herlitz.de/

通販サイトもあったみたいですが、売切れ中
http://bundoki.com/?pid=21689569
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-22 01:43 | 雑貨、文具

こねこねこのこ、2011-2

一歩、一歩
b0185308_023092.jpg



先日に引き続き、みやこさん所の子猫ちゃん。
このお嬢さん、お耳がくるっと反っているのがわかりますか?
こちらは「アメリカンカール」という猫種さんでございます。
詳しくはみやこさんのサイトをご覧下さいませ
http://www.americancurl-eve.com/


本日の写真は生まれて1ヶ月強の頃、前回の写真より1週間後。


哺乳の様子
b0185308_012180.jpg
子猫用の哺乳瓶(材質は瓶じゃないですが)があるんですね。
色合いから、まるでマヨネーズのようねと言われることも(^^;)



b0185308_0135364.jpg
可愛く素敵なカルトナージュの箱から可愛く撮影と思ったものの、
活発になってきた為にすぐに脱出できるようになりました(笑)



元気に足腰も強くなってきた牡丹ちゃんでした。




おまけ。
同じくらいの時のお母さん猫、みぞれちゃん。
b0185308_0162645.jpg
よちよち歩いてました♪

[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-18 00:16 |

小さな花々。

へびいちご、群生
b0185308_3344881.jpg


今の家に引っ越して数ヶ月。
都内ではあるものの、基本的に下町っぽい地域なので、緑は多いんですが。


5月、玄関前にへびいちごの実がびっしり。
上京してきてから3年半、一般家庭の庭先(正しくは玄関ですが)で
自生しているのを見たのは初めてだと思う。

ちょっとだけ、収穫してジャムでも作ろうかしらなんて思ったり(笑)。



ジャムは機会を逸して収穫しそびれたのでまた来年ですが、
気づいたら、小さな赤紫の花が咲いておりました。


調べたら、紫片喰(ムラサキカタバミ)。
外来種のカタバミのようですが。


別名、桔梗片喰(キキョウカタバミ)
b0185308_3401262.jpg

赤紫で、中心部がすっと白い可憐な面持ちとは裏腹に相当に繁殖力の強い花のようです。
まあ、何かを植えるとなったらちょっと考えないといけないのかな。
まだその予定は無いですけど、いつか、バラとかさ、芍薬とかさ・・・。



そうそう実を言えば、シダの葉も生えているのを発見した先日。
どこまで野性味溢れる玄関先なのか、と思いつつも、小さな草花に癒される日々です。
さ、これからの季節はいったい何が生えて来るやら。

楽しみです。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-17 03:43 | 植物
ふわああああ
b0185308_13502624.jpg



いつも遊んでいただいている&お世話になっているお友達、
EVE's Gardenのみやこさんの所に子猫さんが生まれました。


b0185308_13572694.jpg
仮のお名前は牡丹ちゃん
なんと今回は私がつけさせていただきました(^^)うれしい♪
(キャッテリーさんなので、オーナーさんの手元に行くまでの仮の名前をいつも決めてらっしゃるのです)



b0185308_1404762.jpg

今回掲載した写真は生後1ヶ月ほどの頃。
(今はそろそろ2ヶ月を迎える頃ですかね、走り回って元気です♪)
よちよち歩きのもちもちした可愛い子!
毛色もトーティという、いわゆるサビ柄、サビ猫ちゃん。
濃い色合いですけど、華やかで、長じるとものすごーく美しくなるだろうなあ。
トーティ好きのみやこさんと私でべた褒め中です(笑)。



後ろ姿はまるで毛糸玉、ふわふわ可愛い
b0185308_1461549.jpg




ちいさくっても立派な爪
b0185308_1472188.jpg




お母さんは「みぞれちゃん」
考えてみたら、みぞれちゃんが生まれた頃から写真撮ってるのね
b0185308_149927.jpg





2009年6月の頃のブログにて
http://enliori.exblog.jp/m2009-06-01/
ちょっと他の記事も入ってますけど、よろしければ。


その後、またちょこちょこ撮らせていただいてますので、
また後日アップさせていただきます♪
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-16 14:13 |

smile

にこっ
b0185308_13324081.jpg



先日、東京大学にピクニックがてらお邪魔した際に
工学部の校舎だったかな、ポスターを剥がした跡と
壁の打ち付け(?)の組み合わせが、まるで顔みたいで、思わず。




類似に鬼もいました。
b0185308_1338596.jpg
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-16 13:38

おぼろ満月。

路地の向こう、満月じわり
b0185308_1123691.jpg



昨晩、帰宅途中にふと空を見上げると、
ぼんやりと、雲の向こうで満月手前の月がにじんで輝いていました。


16日明け方に月食があるとか。
東京は雨もしくは曇り模様らしいので、見る事はできなさそう。
ちょっと残念だけど、満月と月食の気配で
いろいろとどきどきそわそわしそうな予感。

またいつか見れたらいいな。
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-16 01:18 |

一保堂さん。

一保堂さん、テイクアウト
b0185308_14204350.jpg



以前、友人から一保堂さんのほうじ茶と玄米茶をいただいて、とても美味しかったんですが、ちょっと前にどちらも飲み終わってしまい、そろそろ欲しいなと思っていたんですが、
先週末、所用で銀座に出掛けた際に一保堂丸の内店に寄ってまいりました。

丸の内店、新規オープン前に工事中の様子を見かけて出来上がりを楽しみにしていたのですが、なかなか寄れなかったので、
さあ、やっとお店に入れる、中の喫茶スペースでお茶が飲めるとウキウキ。


しかし、残念ながら行った時間が遅過ぎました、喫茶は18時半まで、お店自体は19時までとのことで、お茶だけ買って帰ろうかと。

そうしたら、店内にスタバの紙、プラカップに似たものが目につき、ポップを見たら、ほうじ茶とアイスグリーンティーのテイクアウトが。

もちろん注文いたしました。
蒸し暑い晩だったので、アイスグリーンティーを。
このグリーンティー、宇治清水という抹茶にグラニュー糖を加えたもの。
そのまま飲むとちょっと甘いかも?という時には抹茶を追加投入が可能。
とりあえず一口そのままで飲みましたが、甘いといってもベタつくのではなくすっきり甘い。
そしてものは試しと抹茶を追加してみたら。

ほんのりとした甘さ、かつ、抹茶の苦味がじわり、と。
これは美味しい…!

ひとしきり美味しいと言いながら、目的のほうじ茶と、玄米茶ではなく麦茶を買って帰りました。


閉店間際でしたが、店員さんがとても懇切丁寧で、次回こそゆっくりお茶を飲みに行こうと心に誓いました。


b0185308_14204457.jpg

帰宅してからこの日の感動を、と思い、プラカップのシールを剥がし、カタログ切り抜いたりしてトラベラーズノートに貼ってみました。
そして、テイクアウトのお茶の金額を失念しました。
400円以下だったのは間違いありません(^◇^;)

また行きます。


一保堂茶舗丸の内店
http://www.ippodo-tea.co.jp/marunouchi-tokyo/index.html
[PR]
by eyesneverlie | 2011-06-14 13:44 | おでかけ